女子メモ

女子メモのRSS

誕生日メモ2009 年 6 月 2 日

誕生日メモ


今日は誕生日だったので。

吉祥寺の改札前で特売されてた

葉加瀬氏が作ったミルクレープ

「幸せの黄色い花」

を買って帰りました。

 

 

さて、毎年目標をきめないので

帰り道に考えてみることにした。

 

 

ガツガツしたくない。というのはあります

そもそもガツガツできない。

それがマイナスになることもあります。

でも、なんとかガツガツせずに、いけるところまでいきたい。

 

では、「ガツガツ」ではなく、

では何になりたいのか?といいますと

 

「ほのぼの」が近いと思っていたのですが

「飄々」だということに今日気づきました。

 

目標は大学の時、駅前でみた橋爪功です。

長いカーディガンを風になびかせて歩いていた

彼の周りだけ彼の風が吹いていた。

あれ目標です。

 

ますますわかりづらくなったかもしれません 




そういえば明日発売くらいのアンアンの

神さま特集で古事記のマンガの3ページダイジェストで書いてます。

 

私の中では神さまも飄々としてるなあと思う。

「古事記」は、その飄々さへの感動と憧憬が

筆を動かしたといっても過言じゃありません。

 

私の中では神さまはいつも雲の上で寝ころんでいます。

ギャートルズの世界観。

そこにのび太がマンガ読んでる感じです。

あっのび太いれるとかっこよくなくなった。

 

でもああいうの。

ああいう風を吹かせる人に私はなりたい。

 

まだまだ修行がたりませんが

やってみようと思います。

 



 

ダンシンメモ2009 年 6 月 2 日

ダンシンメモ

こないだふと

高校のダンス部のビデオを引っ張り出して見たら

意外に動けてて目が飛び出た。

けっこうセクシーダンスもこなしてました。

あくまで、自分比ですが。

そして目がちっちゃかった。整形疑惑がでるかもしれない。

 

「コーラスライン」の「one」も

みんなでがんばって踊った。青春でした。

 

「コーラスライン」は

バックダンサーのオーディションをえがいた映画です。

主役にはなれない人々が

脇役にさえなれないかもしれない。

という、

大人になってみるとこれほど深い映画はないと思います。

最後のシーンで

受かった人落ちた人みんなで

「one」を踊るところは

もう泣けます。

大人になった人々はみてみてください。

 

ちなみに1年の入部したてのときに創作した

「ゴーストバスターズ」を

細やんといっしょに踊ってみた。

基本の動きが入ってるのとところどころで笑えて

けっこういい運動になったので

一日一回日課に踊ろうと決めました。

 

 

ところで、昨日四畳半レイディオに来てた

イラスト部の部員さんに聞きましたが、

次回飲み会計画すすんでるようでよかたです。



みなさん飲もう。

 

いらがし先生メモ2009 年 6 月 2 日

いらがし先生メモ

翌日割引券をもって行ってきました。

まさか倉敷に、噂のこれがあると思ってなかったので

ときめきました。

 

 

原画の保護のためか

キャンディスとはほどとおい薄暗い館内。

気になった部分を写真にとったのでメモ。

 

 入り口の撮影コーナー。

ドレスを着て撮影もできます。

 

 

 

顔はめました。

 

 

 

カフェ。らしい

 

 

 

 

ちいさないえを買って街に分譲できますらしい。

 

 

 

 

 

先生の好きだというにわとりコレクションらしい。

 

 


 

 

2階。

 

絵馬を観葉植物にくくりつけるコーナー。らしい。

 

 

 

 

倉敷にちなんだ桃太郎のイメージ絵。

なんというかすばらしい世界観です。

 

 

 

 

漫画家大先生のサイン色紙展。

最初は企画展だったのが常設展になっていました。




 

 

 

3階。ルーフバルコニー。普通の屋上ですが

ツーショットラブポイントで撮影すればご利益あるそう。

 

  

 

 

 

 

著作権の問題で、キャンディがまるでいないかのような扱いで

「転校生」のラストの気分になりましたが、興味深かったです。